つまみ細工とは

つまみ細工とは?

「つまみ細工」とは江戸時代から伝わる技法で、薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ、組み合わせることによって花や鳥の文様をつくる東京都指定の伝統工芸です。

和服に合う髪飾りなどが代表的で、 分かりやすいのは舞妓さんの簪(かんざし)で使われている技術ですね。

つまみの作り方と花

つまみの基本

花びらは全て正方形にカットされてあり、折り紙と同じ技術とピンセットを用いて作っていきます。

丸みのあるふっくらした優しい印象の花弁が特徴の丸つまみ。
丸つまみよりすっきり細く尖った花弁が特徴の剣つまみがあります。
剣つまみでは一輪の花弁の数を増やすことが出来ます。
つまみ細工はこの二種類が基本の技法になります。

丸つまみ

剣つまみ